屋上緑化のメリットは?どんな植物が向いてるの?


どんなメリットがあるの?

屋上緑化は最近注目されつつありますが、その名のとおりビルなどの建物の屋上に緑を敷設することです。メリットは幾つかありますが、まずは緑を置くことで外観そのものが良くなることが挙げられます。また、建物そのものの断熱性を向上させるという働きも期待できるので、近年頭を悩ませている夏場のヒートアイランド現象の対策としても活用されています。断熱性を向上させることで、省エネ効果も得られるというのも大きいです。そして何より、無味乾燥なコンクリートよりも芝生や植物の存在がありますから、多くの人たちの目を楽しませ、心を癒してくれる効果もあります。

いろんな植物が使えます

屋上という環境は意外と植物を育てていくには厳しい環境ですが、多くの種類の植物を利用することができます。地上に植えるときと同じように、地域の気候や日照量などの様々な条件に適したものを選ぶことで、長く緑を保ち綺麗な環境を作れます。地面を覆うような植え方をすることもあれば、庭園を造るような感覚で緑化をすることもありますので、どのように作るのかを最初に計画を立てた上で選ぶことをおすすめします。ハーブ系なども人気がありますし、季節に合わせて植え替えたりすることもあります。花を楽しむのであれば、開花時期を調べた上で選ぶようにしましょう。病害虫が付きにくく、強風等でも倒れないような強い植物を選ぶことで、安全かつ育てやすいので管理もしやすいです。デザインも考えて配置することで見た目も良くなるのでおすすめです。

屋上緑化とはヒートアイランド現象の緩和のため、建築物の屋上に植物を植えることです。その整えられた環境は、都市を追い出された昆虫などの生き物の隠れ家としても機能しています。