電子タバコのメリット!煙草よりもいい点を解説!


ニコチンの量を自分で選べる

電子タバコのメリットとしてあるのがニコチンの量を自分で決められることです。量を決められるのでニコチンをなくすこともできるということです。電子タバコにニコチンが要らないと思えば、フレーバーだけを楽しむこともできます。また、ニコチンの量を自分で決められるので、段々と量を減らすことも可能になります。健康のためにタバコを止められない人もいるでしょう。そんな人でもニコチンの量を減らすことで健康への害を少なくすることができるのです。

フレーバーの種類が多い

電子タバコは色々なフレーバーが楽しめるというメリットもあります。タバコ味だけではなく、フルーツ味やドリンク味などの通常のタバコにはない味があるのです。女性でも楽しみやすいフレーバーも多く、たくさんのフレーバーから選べます。また、フレーバーは組み合わせることも可能で、自分だけのオリジナルのフレーバーを作ることもできます。フレーバーは気分によって変えることも可能ですので、時間や場所で変えてみると楽しいかもしれません。

煙があまり出ないので迷惑をかけにくい

電子タバコはあまり煙が出ないこともメリットでしょう。電子タバコの場合、蒸気ですので煙が拡散するということがありません。ほとんどは煙になるとすぐに消えてしまいます。周囲に人がいるときでも、煙が出ないので迷惑になるということが少ないです。

電子タバコは臭いが強くない

臭いが強くないことも電子タバコのメリットです。通常の煙草だと周りの人の服に臭いがつくということもあります。しかし、電子タバコは臭いが一瞬で消えるため、臭いが服につくということは少ないです。

電子たばこの初心者は、リキッドを注入しないタイプから使い始めるのが、vapeのおすすめ購入方法となっています。