乗り換えるべき?電子タバコのメリットや選び方


電子タバコのメリットについて

最近巷で見かけることが増えている電子タバコ。周りも紙巻きタバコから電子タバコに乗り換えする人も多くなっているので、関心を持っている人もいるでしょう。しかし、長年紙巻きタバコを使用している人にとっては、自分に合うのか、購入して合わなかった場合に費用が無駄になると思う人もいますよね。電子タバコというのは、紙巻きタバコとは違って、フレーバーの香りのついた液体(リキッド)を加熱して水蒸気を発生させて使用するものです。ミント系やフルーツ系、スイーツ系などの色んな香りのフレーバがあり、その味わいや香りを楽しむ嗜好品です。紙巻きタバコのように、部屋や衣類に独特のイヤなニオイが残ることもありませんし、タールやニコチンが含まれていないため、健康への影響が低いというメリットがあります。

電子タバコの選び方~電気加熱する専用器具の種類~

紙巻きタバコの場合はタバコとライターさえあればいつでも使用できますが、それに対して電子タバコにおいてはリキッドを電気加熱する専用器具が必要になります。初期費用の価格は数千円の器具もありますが、数万円する製品もあるので失敗しないようにしたいですよね。電気加熱する専用器具は、主に3つあります。1つ目はカートリッジタイプで、専用カートリッジを繰り返し交換して使う種類になります。2つ目の使い捨てタイプは、メンテナンスが必要なく、使用したらすぐに捨てられる種類となり、お試し感覚で初めての人でも使いやすいでしょう。最後の3つ目はリキッド補充タイプです。自分でリキッドを補充して使用する種類で、手間はかかるものの、自分の好みに調整することができる玄人向けのタイプになります。

pod型vapeは、タンク・コイル・リキッドタンク・ドリップチップが一体となったユニットを装着するタイプです。簡単に使えてメンテナンス不要なので、初心者でも手軽に電子タバコを始められます。