電子タバコって何?メリットやデメリットについて知りたい!


電子タバコってどういうもの?

電子タバコという言葉をよく耳にするようになりました。街中でもタバコのようなものをくわえて、美味しそうに吸っている人を見かけることがあります。電子タバコは一般的に知られているタバコとは全くの別物です。フレーバーといわれる香り付きの液体を電気で加熱して、発生する水蒸気を吸い込んで楽しみます。様々な種類のフレーバーがあり、味や香り付きの水蒸気を吸って味わうことができるのです。タールやニコチンなどを含んでいないことから、健康を害することもないと考えられています。タバコの煙のような嫌な臭いを発生させないので、側で吸っている人がいても気にならないという人が多いようです。甘いフレーバーなどもあり、女性にも人気が高いと言われています。

電子タバコのメリットデメリットとは?

電子タバコの最大のメリットは、嫌な臭いが発生しないということでしょう。またタールを含んでいないので、歯が黄色くなることはありません。通常のタバコを吸っていると、壁も黄色くなってしまうことがあります。周囲の人に不快感を与えることなく、嗜好品として楽しむことができるでしょう。禁煙を考えている人にも役立つアイテムです。デメリットとしては、随時充電やメンテナンスが必要になるという点が挙げられます。パソコンやUSBを利用して出先で充電することも可能ですが、面倒だと感じてしまう人もいる中にはいるでしょう。また、電子タバコは置いてある店舗が限られています。しかしインターネットを利用すれば比較的簡単に購入することができるため、特に不便を感じているという人は少ないようです。

禁煙をしたい人にはvapeのタバコフレーバーがお勧めです。リアルなタバコ味の煙が、禁煙特有の口寂しさを和らげてくれます。