どれが似合う?ファッションに合った腕時計選びのポイント


腕時計の盤面サイズに注目

時間を確認するだけでなくファッションとしても楽しめる腕時計。腕につけるだけで自分をお洒落に着飾ることが可能です。腕時計をファッションに合わせるときは、盤面のサイズに注目しましょう。大き目のサイズであれば、時計の存在感が増し、ファッションアイテムとしての主張が強くなります。小さめのサイズだと、服装と合わせやすくなり、ファッション全体のバランスを整えることも可能です。盤面のサイズを基本にしてコーディネートを考えてみるのもいいかもしれません。

ベルトの種類は使うシーンを選ぶ

ファッションに合わせるときに忘れてはいけないのがベルトの種類。見た目が変わるだけでなく、性能も異なるため、シーンに適したベルトを使いたいものです。メタルベルトだと、見た目のシックさからビジネスシーンで使いやすいですが、重量があることから、スポーツには向いていません。ラバーベルトだとカジュアルな印象を受けますが、子供っぽく見られることもあります。見た目に合わせることも大事ですが、シーンによって使い分けることも重要です。

カラーでファッションに合わせる

本体やベルトのカラーによって、ファッションの印象が大きく変わります。腕時計は腕につけるため、比較的目立ちやすいアイテムです。あまり奇抜なカラーだと、場の雰囲気から浮いてしまうこともあります。ファッション全体の色と調和させるときには、靴やバッグなどのアイテムと同系色がおすすめです。違和感なく合わせられるため、自然なファッションを演出できます。コーディネートに合ったカラーを選択するよう心がけましょう。

パネライはムーブメントが見えるデザインです。時計の精巧さがいつでも見ることができます。これにより高級感も高まるのです。