東京土産は何がいい?お土産の菓子を選ぶポイントとは?


子どものいる家族なら甘さと可愛らしさがポイント

東京土産を買って帰る方の中には、お子さんがいる家庭もあるはずです。子どもは甘いお菓子を好む傾向が高いので、やっぱり洋菓子を中心に選ぶのが基本。さらに小さいお子さんであれば、可愛らしさを感じさせるお菓子が理想です。例えばバナナの形をしたスポンジケーキで、カスタードクリームを包んだ洋菓子などは、東京土産の定番として有名。可愛いクマやラッコのキャラクターが描かれたタイプもあるので、これならば小さいお子さんにもきっと喜ばれることでしょう。

お年寄りにはお茶請けにふさわしいものがポイント

お年寄りなどシニア世代の方へ、東京土産を渡すケースもあるのではないでしょうか。お年寄りにはお茶請けとして、和菓子を好まれる方が目立ちますよね。そこでおすすめするのが、浅草に本店を構える和菓子専門店の芋ようかんです。芋ようかんは原材料のさつま芋一つ一つを、手作業で丁寧に皮を剥いて作り上げる本格派。甘さを抑えながら、素材の風味をそのまま味わえるので、お年寄りのお茶請けとして最適な和菓子と言えるでしょう。

職場には手軽でかさばらない個包装のものがポイント

出張などで東京を訪れた方なら、職場にお土産を買って帰ることも珍しくありません。職場で食べるお菓子なら、一人ひとりに手渡せるように小さくてかさばらない個包装で、休憩の時間や仕事の合間に手軽に口にできるお菓子がよいでしょう。例えば東京駅の構内で購入できる、メープル味のバタークッキーなどがおすすめ。生地にはメープルシュガーと発酵バターが練り込まれており、サクサクの食感に加えて味や香りも抜群。もちろん小さい個包装なので、これならば職場でもかさばりません。

カンパネラとは、イタリア語で鐘を意味する単語です。鐘の音色のようなメロディを持つ曲の題名にも多用されています。