こうすればいいのか!腕時計と服装の合わせ方3選


腕時計のサイズに気を使う

腕時計を服装に合わせるときに気になるのがサイズです。服装を上手にコーディネートできたとしても、身に付けた腕時計のサイズによっては、ダサい恰好になってしまいます。腕時計は、ワンポイントアイテムに最適と言えますが、あまりにも大きすぎると存在感が強すぎてファッションの邪魔になってしまうのです。逆に小さすぎると、身に付けても誰にも気づかれることがなく寂しい結果になることも…。35mm~45mmくらいだと、どんなファッションにも合わせることができます。

デザインにも妥協しない

服装のコーディネートに合わせたデザインの腕時計を選ぶことも重要です。例えば、グレーのビジネススーツに身を包んだコーデでは、全体がシルバーで構成されたステンレスの腕時計や文字盤がアナログの腕時計だとシックな印象を演出できます。スポーツなどのカジュアルなシーンでは、明るい色でデジタル表示の腕時計が似合うでしょう。また、身に付ける腕時計によって相手に与える印象が変わるため、相手にどう思われたいかで腕時計を変える、といったコーディネート方法もあります。

ストラップでファッションがガラリと変わる

ストラップの種類によってファッションの見せ方が大きく変わります。服装やシーンに合ったストラップでないと、顰蹙を買ってしまうことなるため、気を付けましょう。プライベートな場であれば、どんなストラップであっても個性として受け取られる可能性が高いので、自分好みのストラップを付けても大丈夫です。ただし、お葬式などの厳粛なシーンでは、ナイロンやゴムなどのカジュアルなストラップはご法度です。革製やメタル製のストラップを付けておけば問題ないため、ストラップの種類にも気を配る必要があります。

シャネルの時計の特徴として、ラグジュアリーで上品なイメージが挙げられるため、ビジネスにおいても違和感がありません。